賃貸物件のセキュリティは、エントランスの位置やインターホンなどの設備から考えよう

セキュリティ上エントランスの位置はとても重要!

賃貸物件のセキュリティと言えば、オートロックや防犯カメラが有効な手段として挙げられるでしょう。このほかに、エントランスの位置も重要です。住宅前の道路に近いエントランスは、オートロック機能があっても、扉を開けた瞬間に道路から侵入者が滑り込める余地があります。可能なら道路から少し奥まった場所にエントランスがある物件が好ましいです。駅近の物件が好まれるものの、あまり駅に近すぎると、駅に出入りする不特定多数の通行人からエントランスに出入りする姿を見られるでしょう。

特に一人暮らしの女性などは、住居が多数人に特定されやすく、好ましいとは言えません。逆に、夜は暗く人通りが少ない場狭い所にあるエントランスも、出入りの際に不安を感じるでしょう。ある程度見通しが効いて、夜も明るい照明の下といった場所にエントランスがある物件を選びたいものです。

インターホンは高性能のものが良い

エントランスに訪問客や宅配業者が訪れた時に、室内から対応できるインターホンは大変便利です。オートロックのエントランスなら、相手が誰か確認してから、ロックを解除できます。音声だけでなく、エントランスのカメラを通じて映像も確認できるインターホンが望ましいでしょう。宅配便が来る予定であれば、ロックを解除して業者を自室のドア前まで招き入れ、直接対応しても良いのですが、宅配便に心当たりが無い場合は、ロックを解除せず、宅配ボックスに入れるよう依頼するか、エントランス前に置くよう指示することもできます。集合住宅の賃貸物件を選ぶ際には、インターホンが高性能で相手の姿を明確に把握できる物件を探しましょう。

北見の賃貸物件と言ってもワンルームからファミリータイプ、戸建てと様々です。学生や単身者用のワンルームの相場は4万円弱位が多いです。