人間関係に悩まされない!田舎暮らしに最適な別荘ライフ

管理会社の私有地内にある別荘のメリット

別荘に住みたいなら、管理会社が所有する別荘地内にある物件を入手しましょう。大抵の場合、別荘地は管理会社の私有地なので、原則とし部外者は別荘地内への立ち入りが禁止です。したがって、セールスや商業目的の訪問はできません。招かざる訪問客に悩まされることもないでしょう。隣の家とも離れていて、プライバシーを覗かれる心配がありません。また、別荘地内の道路は常に管理されており、風雨で木の枝が落ちたり倒木が横たわったりして通行の障害となっていれば、直ちに取り除いてくれます。さらに、長期間空き家にしていても、管理会社が屋根に積もった木の葉を落としたり、周辺の木の枝を伐採したりしてくれるのです。

地域社会と直接的な関わりを持たずに済む別荘

何よりも、地域社会からの束縛を受けない点が、最大のメリットだと言えるでしょう。町内会や自治会に加入して、お祭りや道路清掃といった活動に協力する必要がありません。町内会費や自治会費も免れます。地域住民が住むエリアに住居を構えた場合、周囲の住民から阻害されてしまい、町内会や自治会に入れてもらえず、ゴミ出しにも困るという事例が見られます。しかし、管理会社の私有地内に住んでいる分には、こうしたリスクを避けられるでしょう。

別荘のオーナーは、管理会社に対して年間の管理料を支払う必要があるものの、地域社会に溶け込む苦労をしないで済むというメリットは大きいと言わざるを得ません。在宅勤務という勤務形態が進んで長期滞在をする機会が増えたとしても、別荘地内の別荘であれば、近所の人間関係に悩まされることなく、快適な別荘ライフを送れます。

八ヶ岳の別荘は、冬場の気候が厳しいものの、都心からのアクセスが良いことから夏休み中の避暑地として選ばれる傾向があります。