駅近物件に住みたい人必見!どのようなメリットやデメリットがあるの?

駅が近いので便利なことが多い

住まい探しに際しては、家族の生活スタイルを考えることが大切です。たとえば、電車での通勤や通学が必要な場合、少しでも最寄り駅に近いほうがよいでしょう。家族が駅まで送迎するのも一案ですが、毎日のことなので生活に支障をきたすこともでてきます。月極駐車場や駐輪場を利用する方法もありますが、いずれにしても余分な費用がかかります。このような理由もあり、徒歩圏内にある駅近物件は理想的かもしれませんね。大きな駅の近くには商業施設が充実していることも多く、仕事帰りに買い物を済ませることも十分可能です。

電車や車の音に悩まされることも

駅近物件に暮らす場合は、駅近ならではの音を知っておく必要があります。電車の走行音はもちろん、駅で流れるアナウンス、車の音に悩まされることも少なくないからです。もちろん、このような音が気にならない人もいるでしょう。しかし、音に敏感な人には日常的に聞こえてくる音がストレスになるかもしれませんね。

家賃などの固定費も考えて決めよう

賃貸住宅を探すとき、月々の家賃が障壁になることがあります。せっかく気に入った物件が見つかっても、家賃の支払いが家計を圧迫すると元も子もないからです。賃貸から賃貸へ住み替えるときも、家賃の差額を念頭に入れて検討することが大切です。駅近物件は、郊外の物件と比べると割高傾向にあります。これは、利便性がよいことの裏返しかもしれません。また、便利なところに暮らすのなら、家賃が割高でも仕方ないと割り切る人もいるでしょう。しかし、立地条件を優先しすぎるのは得策とはいえません。郊外から最寄り駅までの車移動、それにともなう駐車場料金なども考えたうえで総合的な判断をおすすめします。

千歳の賃貸物件は雪を伴う地域のため、暖房機器や除雪対応ができているかが重要となります。部屋の特徴を確認することがポイントです。